母子(読み)ははこ

精選版 日本国語大辞典 「母子」の意味・読み・例文・類語

はは‐こ【母子】

〘名〙 (「はわこ」の時代も)
母親とその子ども
史記抄(1477)七「いかなる母子とも云へ皆焼て失せうぞ」
幼児の枕もとに置くお守り人形。天児(あまがつ)御伽這子(おとぎぼうこ)這子(ほうこ)。はいはい人形。
③ 「ははこぐさ(母子草)」の略。《季・春》
文徳実録‐嘉祥三年(850)五月壬午「三日不餻、以母子也」 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

ぼ‐し【母子】

〘名〙
母と子。母児。
発心集(1216頃か)六「母子(ボシ)三人賢者遁衆罪事」 〔春秋左伝‐隠公元年〕
元金利子元利

ほう‐こ はう‥【母子】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「母子」の意味・読み・例文・類語

ぼ‐し【母子】

母と子。「母子ともに健康」
[補説]作品名別項。→母子
[類語]親子父子

ぼし【母子】[作品名]

女流日本画家、上村松園後期代表作。昭和9年(1934)第15回帝国美術院展覧会に出品され、政府買上げとなった母子像。国指定重要文化財。

はは‐こ【母子】

母親とその子。
母子草」の略。

ほう‐こ〔はう‐〕【母子】

ハハコグサ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「母子」の読み・字形・画数・意味

【母子】ぼし

おや子。

字通「母」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「母子」の解説

母子 (ホウコ)

植物。キク科の越年草,薬用植物。ハハコグサの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android