母子(読み)ははこ

精選版 日本国語大辞典の解説

はは‐こ【母子】

〘名〙 (「はわこ」の時代も)
① 母親とその子ども。
※史記抄(1477)七「いかなる母子とも云へ皆焼て失せうぞ」
② 幼児の枕もとに置くお守り人形。天児(あまがつ)。御伽這子(おとぎぼうこ)。這子(ほうこ)。はいはい人形。
③ 「ははこぐさ(母子草)」の略。《季・春》
※文徳実録‐嘉祥三年(850)五月壬午「三日不餻、以母子也」 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

ほう‐こ はう‥【母子】

〘名〙 植物「ははこぐさ(母子草)」の異名

ぼ‐し【母子】

〘名〙
① 母と子。母児。
※発心集(1216頃か)六「母子(ボシ)三人賢者遁衆罪事」 〔春秋左伝‐隠公元年〕
② 元金と利子。元利。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼし【母子】[作品名]

女流日本画家、上村松園後期の代表作。昭和9年(1934)秋の帝国美術院展覧会に出品され、政府買上げとなった母子像。国指定重要文化財。

はは‐こ【母子】

母親とその子。
母子草」の略。

ほう‐こ〔はう‐〕【母子】

ハハコグサ別名

ぼ‐し【母子】

母と子。「母子ともに健康」
[補説]作品名別項。→母子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

母子 (ホウコ)

植物。キク科の越年草,薬用植物。ハハコグサの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android