コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘舎離国 びしゃりこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毘舎離国
びしゃりこく

サンスクリット語 Vaiśālīの音写。吠舎離とも写す。古代に中インドにあった国。当時の六大城・十六大国の一つ。リッチャビー族 (離車族) の住んでいた地域。自治制がしかれ,通商貿易が盛んで,自由を尊ぶ精神的雰囲気があった。仏教経典の第2回結集が行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

毘舎離国の関連キーワードサンスクリット語大林精舎

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android