多聞天(読み)たもんてん

デジタル大辞泉の解説

たもん‐てん【多聞天】

《〈梵〉Vaiśravanaの訳。音写毘沙門(びしゃもん)》四天王の一。常時、如来の道場を守り、法を聞くことが最も多いことからの名。北方を守る仏法守護の神将甲冑(かっちゅう)をつけ、両足に悪鬼を踏まえ、手に宝塔宝珠または鉾(ほこ)を持った姿で表される。日本では福徳の神。多聞天王毘沙門天

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たもんてん【多聞天】

〘仏〙 〔 Vaiśravana の意訳。常に仏を守護してその説法を多く聞くことからいう〕 毘沙門びしやもん天の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たもん‐てん【多聞天】

(「たもんでん」とも。多聞はVaiśravaṇa の訳。毘沙門と音訳。常に仏が説法する道場の守護にあたり、法を聞くことが多いのでこの名がある) 四天王の一つ。須彌山(しゅみせん)の北面中腹に住し、北方を守護する天王。多数の薬叉衆を従える。その形像は武装形にあらわされ、宝塔を捧げる。多聞天王。多聞。
※今昔(1120頃か)一一「観音は毗沙門也。我、多聞天の侍者禅師童子也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の多聞天の言及

【四天王】より

…四大天王,四王,護世四王ともいう。東方に持国天(提頭頼吒(だいずらた)の訳),南方に増長天(毘楼勒叉(びるろくしや)),西方に広目天(毘楼博叉(びるばくしや)),北方に多聞天(毘沙門)が位置する。《増一阿含経(ぞういちあごんきよう)》や《阿育王経(あいくおうきよう)》には,四天王が釈尊のもとに現れて帰依したことや,釈尊の涅槃(ねはん)の後に仏法を守護することを釈尊から託されたことを記し,《金光明最勝王経》には,四天王が釈尊に対し本経を信奉する人々とその国家を守護することを誓ったことが説かれている。…

【毘沙門天】より

…サンスクリット名Vaiśravaṇaを写したもので多聞天とも訳す。古代インド神話中のクベラ(Kuvera,俱尾羅)が仏教にとり入れられた。…

※「多聞天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多聞天の関連情報