毛利 菊枝(読み)モウリ キクエ

20世紀日本人名事典の解説

毛利 菊枝
モウリ キクエ

昭和・平成期の女優,演出家 劇団くるみ座創立者。



生年
明治36(1903)年11月3日

没年
平成13(2001)年8月20日

出生地
群馬県沼田市

本名
森 キク

旧姓(旧名)
小林

学歴〔年〕
高崎高女中退

主な受賞名〔年〕
毎日演劇賞昭和29年〕「肝っ玉おっ母とその子供たち」,京都新聞文化賞〔昭和35年〕,大阪府民劇場賞〔昭和35年〕,勲四等瑞宝章〔昭和55年〕,山路ふみ子賞功労賞〔昭和59年〕

経歴
岸田國士、岩田豊雄らが開設した新劇研究所1期生となる。昭和4年喜劇座の旗揚げ公演「御意に任せて」のフローラ夫人役で初舞台。築地座、創作座を経て、21年京都で毛利菊枝演劇研究所を創立、主宰。23年劇団くるみ座と改称。俳優、演出の両面で後進の指導に努め、関西の新劇育成に貢献した。他の出演作に舞台「肝っ玉おっ母とその子供たち」「幽霊」「落葉日記」「藤戸」、映画「雨月物語」「女の園」「ぼんち」、NHK連続テレビ小説「信子とおばあちゃん」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android