コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤戸 ふじと

4件 の用語解説(藤戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤戸
ふじと

能の曲名。四番目物。作者未詳。藤戸の合戦で先陣の功をあげた佐々木盛綱 (ワキ) が,新領地の備前の児島で訴訟ある者は申し出よとのおふれを出すと,一人の中年の女 (前シテ) が進み出て,わが子を殺された恨みを述べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじと〔ふぢと〕【藤戸】

岡山県倉敷市の地名。児島半島がもと島であったころは本土と「藤戸の渡し」で結ばれていた。源平合戦古戦場
謡曲。四番目物源平の合戦で藤戸の先陣のおり、佐々木盛綱は口封じのために漁師を殺した。漁師の母が盛綱に恨みを述べ、盛綱が弔うと漁師の亡霊が現れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじと【藤戸】

平曲,能の曲名。(1)平曲。平物(ひらもの)。拾イ物。敗戦で四国,九州の海域をさまよう身となった平家一門にとって,深まりいく秋のあわれはひとしおだった(〈三重(さんじゆう)・初重〉)。源氏方は源範頼を総大将として名だたる武将の数を連ね,3万余騎で播磨の室(むろ)に着いた。屋島を根拠地とした平家は,源氏を迎え撃つため,平資盛(すけもり)を総大将に500余隻の船団を備前の児島に向かわせたので,源氏も同国の藤戸に布陣した(〈拾イ〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじと【藤戸】

能の一。四番目物。備前藤戸で先陣の功を立てた佐々木盛綱は、渡河によい浅瀬を教えてくれた土地の漁夫を口を封ずるために殺した。漁夫の母と漁夫の霊は盛綱の冷酷を責めるので供養をすると、ようやく霊は成仏した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤戸の関連キーワード横笛千手波の平物平物灌頂巻卒都婆流初瀬六代弓流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤戸の関連情報