コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤戸 ふじと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤戸
ふじと

能の曲名。四番目物。作者未詳。藤戸の合戦で先陣の功をあげた佐々木盛綱 (ワキ) が,新領地の備前の児島で訴訟ある者は申し出よとのおふれを出すと,一人の中年の女 (前シテ) が進み出て,わが子を殺された恨みを述べる。盛綱は女に問い詰められ,若い漁師に海の浅瀬を教えられて先陣の功を立てたが,他言を恐れて漁師を海に沈めたことを告白する。女はその漁師の母であった。盛綱は非をわびて弔いを約束し,女を家に帰らせる (中入り) 。盛綱が管絃講で弔ううち,漁師の幽霊 (後シテ) が現れ,海に沈められ流されてゆくさまを再現するが,やがて弔いの功徳で成仏する。『平家物語』中の短い盛綱功名譚に拠りながら,戦功の犠牲になった庶民の怒りにテーマをしぼった,劇的起伏に富む能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじと〔ふぢと〕【藤戸】

岡山県倉敷市の地名。児島半島がもと島であったころは本土と「藤戸の渡し」で結ばれていた。源平合戦古戦場
謡曲。四番目物。源平の合戦で藤戸の先陣のおり、佐々木盛綱は口封じのために漁師を殺した。漁師の母が盛綱に恨みを述べ、盛綱が弔うと漁師の亡霊が現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじと【藤戸】

平曲,能の曲名。(1)平曲。平物(ひらもの)。拾イ物。敗戦で四国,九州の海域をさまよう身となった平家一門にとって,深まりいく秋のあわれはひとしおだった(〈三重(さんじゆう)・初重〉)。源氏方は源範頼総大将として名だたる武将の数を連ね,3万余騎で播磨の室(むろ)に着いた。屋島を根拠地とした平家は,源氏を迎え撃つため,平資盛(すけもり)を総大将に500余隻の船団を備前の児島に向かわせたので,源氏も同国の藤戸に布陣した(〈拾イ〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじと【藤戸】

能の一。四番目物。備前藤戸で先陣の功を立てた佐々木盛綱は、渡河によい浅瀬を教えてくれた土地の漁夫を口を封ずるために殺した。漁夫の母と漁夫の霊は盛綱の冷酷を責めるので供養をすると、ようやく霊は成仏した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤戸の関連キーワード浮き州・浮州・浮き洲津打治兵衛(2代)醍醐寺三宝院庭園青森県近代文学館痩せ男・瘦せ男藤戸(岡山県)上杉氏憲の妻津下 紋太郎松浦 寿恵子星島 義兵衛岡山県倉敷市松本 謙三吾妻 徳穂村岸 文輔近藤 乾三倉敷(市)毛利 菊枝藤戸(能)近藤乾三原 澄治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤戸の関連情報