毛利登人(読み)もうり のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利登人 もうり-のぼる

1821-1865* 幕末の武士。
文政4年7月6日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)尊攘(そんじょう)派で,世子毛利元徳(もとのり)の奥番頭。四国艦隊下関砲撃事件の講和談判では軍使となる。第1次幕長戦争のあと恭順派により野山獄に投じられ,元治(げんじ)元年12月19日同志とともに処刑された。44歳。名は貞,武。号は主静庵,斤田など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利登人

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:文政4.7.6(1821.8.3)
幕末長州(萩)藩士。藩政府の要路にあって尊攘運動を支持した。第1次長州征討下で誕生した佐幕派藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑された。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

毛利登人 (もうりのぼる)

生年月日:1821年7月6日
江戸時代末期の長州(萩)藩士
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android