コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利登人 もうり のぼる

2件 の用語解説(毛利登人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利登人 もうり-のぼる

1821-1865* 幕末の武士。
文政4年7月6日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の尊攘(そんじょう)派で,世子毛利元徳(もとのり)の奥番頭。四国艦隊下関砲撃事件の講和談判では軍使となる。第1次幕長戦争のあと恭順派により野山獄に投じられ,元治(げんじ)元年12月19日同志とともに処刑された。44歳。名は貞武,武。号は主静庵,斤田など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利登人

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:文政4.7.6(1821.8.3)
幕末の長州(萩)藩士。藩政府の要路にあって尊攘運動を支持した。第1次長州征討下で誕生した佐幕派藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利登人の関連キーワード宇多太左衛門梶清次衛門島村雅事椙原治人仙田市郎大胡聿蔵武田魁介畑弥平森喜右衛門安野藤次郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone