毛沢東語録(読み)もうたくとうごろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「毛沢東語録」の解説

毛沢東語録
もうたくとうごろく

中国の政治家,思想家毛沢東の文章から抜粋された短文を集め,編集された語録。中国名は毛主席語録。当初,人民解放軍の政治,思想教育を進める際の教材として,解放軍の機関紙『解放軍報』に 1963年から連載されたものを,64年5月解放軍総政治部が補充して1冊の本にまとめ,内部で刊行された。その後 65年8月1日の建軍記念日に,初版に改訂を加え,解放軍総政治部の「前言」と,林彪の「毛主席の著作を読み,毛主席の言葉を聞き,毛主席の指示に従って事を運ぼう」という題辞とをつけ加えて改訂初版本が公刊された。 67年になると,総政治部の「前言」が削除され,代りに林彪の「再版前言」が収められた再訂版が発行され,本文の内容も一部が改訂あるいは削除された。さらに 71年9月の林彪事件後は,林彪の「再版前言」も削除された。本文は全 33章,270ページで,『毛沢東選集』およびその他の論文から断片的に選ばれた短文で構成されている。発行部数は,66~68年 11月の期間だけでも約7億 4000万冊に達するといわれ,文化大革命の過程で中国軍民にとって不可欠のものとされ,その学習がきわめて広範に実施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android