コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族植物学 みんぞくしょくぶつがくethnobotany

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族植物学
みんぞくしょくぶつがく
ethnobotany

各民族の栽培植物の起源や伝播および分布などを研究する学問。植物の品種改良の問題や栽培植物の利用部分,その用途および栽培技術など,人間の文化的特質も問題とされる。特に栽培植物の起源,農耕文化の起源についてはすでに C.ダーウィンの『家畜および栽培植物の変異』 The Variation of Animals and Plants under Domestication (1868) に記され,その後考古学者,地理学者,生態学者,人類学者などにより,農耕文化一元説や農耕四大起源説などが論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

民族植物学の関連キーワードエスノサイエンス認識人類学

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android