コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間航空規制緩和法 みんかんこうくうきせいかんわほう

世界大百科事典 第2版の解説

みんかんこうくうきせいかんわほう【民間航空規制緩和法】

1978年10月25日に発効したアメリカの法律で,通常デレギュレーション法とよばれる。この法律の目的は1958年の連邦航空法を,〈競争市場力が航空サービスの質,様式,価格を決定する〉よう修正することにあり,(1)チャーター輸送と定期輸送との差を徐々に撤廃する,(2)新規企業の参入,新規路線の運航,休止,撤退などを自由化する,(3)運賃については,CAB(民間航空局)が費用その他の要因を考慮して定める標準価格の5%以内の値上げ,50%以内の値下げをほぼ自動的に認可する,(4)民間航空統制機関としてのCABの権限を縮小し,85年1月1日までに廃止する,ことなどを定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

民間航空規制緩和法の関連キーワードパン・アメリカン航空[会社]

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android