コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間航空規制緩和法 みんかんこうくうきせいかんわほう

1件 の用語解説(民間航空規制緩和法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みんかんこうくうきせいかんわほう【民間航空規制緩和法】

1978年10月25日に発効したアメリカの法律で,通常デレギュレーション法とよばれる。この法律の目的は1958年の連邦航空法を,〈競争市場力が航空サービスの質,様式,価格を決定する〉よう修正することにあり,(1)チャーター輸送と定期輸送との差を徐々に撤廃する,(2)新規企業の参入,新規路線の運航,休止,撤退などを自由化する,(3)運賃については,CAB(民間航空局)が費用その他の要因を考慮して定める標準価格の5%以内の値上げ,50%以内の値下げをほぼ自動的に認可する,(4)民間航空統制機関としてのCABの権限を縮小し,85年1月1日までに廃止する,ことなどを定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

民間航空規制緩和法の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン亜米利加アメリカ草あめりか物語SALT

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone