コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民際外交 みんさいがいこう

2件 の用語解説(民際外交の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民際外交
みんさいがいこう

民間団体が国家の枠組みをこえて草の根的に行う相互交流のこと。国交のない国と国の間で,通常の政府機関ではできない国際協力を行なったり,政府レベルをこえて国際的なネットワークを作ったりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

民際外交

国家・政府以外の市民・団体などが国境を超えた相互交流や提携活動を通じて、国際オリンピック委員会国境なき医師団の活動など、政府間外交のなし得ない国際協力や、学童の絵の交換・文通、自治体の姉妹提携など、政府と別のレベルの市民の国際的連帯を達成しようとするもの。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民際外交の関連キーワード国境相互浸透トランスナショナルな関係公定国家法民際OOF市民団体政治連盟パンダ債

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone