気を入れる(読み)キヲイレル

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 を 入(い)れる

① 気をつかう。気にする。心配する。
※浮世草子・傾城歌三味線(1732)一「割付などさもしさうにかける様な軍右門ではござらぬ。気を入れずと寛(ゆっ)くりと遊ばしゃれ」
② 気がせく。あせる。
③ 気合を入れる。また、する気になって物事をする。⇔気を抜く
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉六一「お照さんが少し気を入れて働いて下さればいいのに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報