コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気合(い) キアイ

デジタル大辞泉の解説

き‐あい〔‐あひ〕【気合(い)】

精神を集中させて事に当たるときの気持ちの勢い。また、そのときの掛け声。「気合いがこもる」「気合いをかける」
呼吸。いき。「気合いをはかる」「気合いが合う」
その場の状態や雰囲気。
「一重の垣が二人の間に結ばれた様な―になった」〈左千夫野菊の墓
気性。きだて。
「ああいう―は漸次(だんだん)なくなります」〈万太郎末枯
心持ち。気分。
「―ヲウカガウ」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きあい【気合】

あることに精神を集中してかかるときの気持ちの勢い。また、それを表すかけ声。 「 -をかける」 「 -が入る」
物事を行うときのこつ。また、互いの間の気分。息。呼吸。 「 -が合う」
気分。こころもち。 「お-はいかが/浮世草子・五人女 2
[句項目] 気合を入れる

けあい【気合】

ようす。けはい。 「潤沢の-から、皴皺しゆんしゆの模様を逐一吟味して/草枕 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気合(い)の関連キーワード入れる・容れる・淹れる長谷川プルメリア依莉発破を掛ける発破をかける肥田式強健術高見盛精彦鶴沢 英治野口 兼資気合負け秋津温泉浮世草子小沼寿恵居合抜き小林由佳後藤得三バイブスカナデン薄田兼相やあやあ野口兼資

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android