コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城歌三味線 ケイセイウタジャミセン

デジタル大辞泉の解説

けいせいうたじゃみせん【傾城歌三味線】

浮世草子。5巻。八文字屋自笑江島其磧(えじまきせき)合作。享保17年(1732)刊。遊女小女郎と玉屋新兵衛の恋物語。小女郎は身請けされるが、最後に尼となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせいうたじゃみせん【傾城歌三味線】

浮世草子。五巻。江島其磧作。1732年、八文字屋刊。越前新保の銀持玉屋新右門の伜せがれ新兵衛と遊女小女郎の恋物語。歌舞伎・浄瑠璃の影響がみえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傾城歌三味線の関連キーワード浮世草子江島其磧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android