気を抜く(読み)キヲヌク

  • を 抜(ぬ)く
  • 気(き)を抜(ぬ)・く

デジタル大辞泉の解説

緊張をゆるめる。「最後まで―・くな」
びっくりさせる。肝をぬく。
「からくりの太鼓に―・かれて」〈洒・辰巳之園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① びっくりさせる。肝をぬく。
※洒落本・辰巳之園(1770)「からくりの太皷に気をぬかれて」
② 疲れた神経をほぐす。緊張をゆるめる。いきぬきする。⇔気を入れる
※洒落本・傾城買指南所(1778)「初め四五どの内は毎ばん行がいい。とかく此内気(キ)をぬかぬ事だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android