気を抜く(読み)キヲヌク

デジタル大辞泉の解説

気(き)を抜(ぬ)・く

緊張をゆるめる。「最後まで―・くな」
びっくりさせる。肝をぬく。
「からくりの太鼓に―・かれて」〈洒・辰巳之園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きをぬく【気を抜く】

張りつめていた気持ちをゆるめる。 「 - ・くんじゃないよ」
びっくりさせる。度肝を抜く。 「からくりの太鼓に-・かれて/洒落本・辰巳之園」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気を抜くの関連情報