割付(読み)わりつけ

精選版 日本国語大辞典「割付」の解説

わり‐つけ【割付】

〘名〙
割り付けること。割り当てること。また、そのもの。〔運歩色葉(1548)〕
※浮世草子・傾城色三味線(1701)鄙「満足がらせておいて、跡で割付(ワリツケ)出さすやうな事ではないか」
② 江戸時代、その年の年貢を村々に割り付けること。また、領主から村方へ交付する徴租令状。
※地方凡例録(1794)一「亦私領前々の仕きたりにて定納ものの品、郷帖割付等に記さぬ分もあり」
③ =レイアウト①②
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉見だしのモザイク「紙面構成(割りつけ)」

わり‐つ・ける【割付】

〘他カ下一〙 わりつ・く 〘他カ下二〙
① 勢いよく断ち割る。強い力で切りつける。
太平記(14C後)三一「板まで真二に破(ワリ)けられ」
② 全体をいくつかに分けて、分配する。割り当てる。わりふる。
正倉院文書‐神亀三年(726)山背国愛宕郡雲下里計帳「右人、割附大野郷戸主服部連阿閇戸、随夫」
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「右の金子を年々に割付(ワリツケ)上納いたすならば」
③ 割り付け③をする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「割付」の解説

割付【わりつけ】

レイアウト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android