コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候変動観測衛星 キコウヘンドウカンソクエイセイ

デジタル大辞泉の解説

きこうへんどう‐かんそくえいせい〔‐クワンソクヱイセイ〕【気候変動観測衛星】

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が推進する地球環境変動観測ミッション(GCOM(ジーコム))で打ち上げられる2種類の観測衛星の一。250メートル分解能をもつ多波長光学放射計により、雲・エアロゾル・海色・植生・雪氷などの状態を観測する。GCOM-C(ジーコムシー)(Cは、climate=気候の頭文字)。→水循環変動観測衛星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

気候変動観測衛星の関連キーワードGCOMC

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気候変動観測衛星の関連情報