コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井千秋 むかい ちあき

2件 の用語解説(向井千秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井千秋 むかい-ちあき

1952- 昭和後期-平成時代の宇宙飛行士。
昭和27年5月6日生まれ。心臓血管外科医。慶大助手をへて,昭和60年搭乗科学技術者(PS)にえらばれ,宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構,JAXA)職員となる。平成4年スペースシャトルによる第2次国際微小重力実験室の首位PSにえらばれる。6年スペースシャトル「コロンビア」に搭乗,14日17時間55分の宇宙滞在を記録。10年「ディスカバリー」で2度目の宇宙飛行を経験した。群馬県出身。慶大卒。旧姓は内藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井千秋
むかいちあき
(1952― )

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))所属の日本人宇宙飛行士。5月6日、群馬県館林(たてばやし)市生まれ。日本初の女性宇宙飛行士。1977年(昭和52)慶応義塾大学医学部卒業、1988年同大学医学博士号取得。1977年より同大学医学部外科学教室医局員として、大学や病院での診療に従事。同大学医学部外科学教室助手を務めていた1985年8月、宇宙開発事業団(NASDA(ナスダ)。現、JAXA)のペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者、PS)に、毛利衛(もうりまもる)、土井隆雄とともに選ばれる。同年11月NASDAに入社。1992年(平成4)に実施された第一次材料実験(FMPT=ふわっと'92)では、バックアップPSとしてアメリカ航空宇宙局(NASA(ナサ))マーシャル宇宙飛行センターで地上支援を行う。1994年7月、スペースシャトル「コロンビア号」にPSとして搭乗。第二次国際微小重力実験室(IML‐2)計画が実施され、微小重力科学分野、ライフサイエンス分野、宇宙医学分野などに関する82のテーマの実験を行った。また1998年10月、再度PSとして「ディスカバリー号」に搭乗。1962年2月に初の地球3周飛行を成功させたグレンJohn H. Glenn(1921―2016)らとともに無重量下での免疫、筋力や睡眠の低下など、宇宙環境での老化の研究を行った。2004年9月より2007年9月までフランスのストラスブールにある国際宇宙大学の客員教授。2007年10月JAXA有人宇宙技術部宇宙医学生物学研究室長に就任した。[編集部]
『中冨信夫著『向井千秋宇宙からの帰還』(1994・早稲田出版) ▽読売新聞社編・刊『向井千秋 メダカと飛んだ15日』(1994) ▽東京新聞科学部編著『東京ブックレット6 向井千秋の宇宙からこんにちは』(1994・東京新聞出版局) ▽NHK出版編『向井千秋の宇宙と体のおもしろい関係』(1995・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向井千秋の関連キーワードテレシコワ宇宙飛行士地球は青かった近藤陽次土井隆雄早川幸男毛利衛野口聡一山崎直子向井万起男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

向井千秋の関連情報