気合を入れる(読み)きあいをいれる

  • きあい
  • を 入(い)れる
  • 気合

精選版 日本国語大辞典の解説

① 物事に対処するに当たって、精神を集中し、力を込める。
※落語・将棋の殿様(1889)〈禽語楼小さん〉「『〈略〉ウーンウーン』『然(そ)んなに気合ひを入れるな』」
② もと軍隊で用いられた語。たるんだ精神を鍛えると称して、なぐりつけるなどの体罰を加える。
※真空地帯(1952)〈野間宏〉六「軍隊からにげだそうとした奴とそいつに気合を入れたやつとやな」
③ 人を元気づける。励まし、奮い立たせる。
※赤い自転車(1952)〈阿川弘之〉「『遅いぞ。もたもたするな!』と気合を入れられる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気合を入れるの関連情報