気圧の単位(読み)きあつのたんい(英語表記)pressure scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気圧の単位
きあつのたんい
pressure scale

エバンジェリスタ・トリチェリが水銀を用いて真空の実験をしたことから(→トリチェリの真空),歴史的には気圧の単位に水銀が利用され,下部を閉じたガラス管に水銀を満たし,逆さにして水銀だまりに立てたときの水銀柱の高さをミリメートルの単位ではかって表した。今日でも,水銀柱 1mmの圧力(1mmHg)を 1トル(Torr)と呼ぶ。また,海面高度の気圧は水銀柱 760mmに近いことから,760mmHgを 1気圧(atm)と定義する。国際単位系 SIではパスカル(Pa)という単位を用いる。これは 1m2あたり 1ニュートン(N)の力がかかる圧力を 1Paと定義し,1気圧は 101325Paとなる。気象学では従来 100Paを 1ミリバール(mb)とする単位を用いてきたが,SIの採用により,気圧の単位が mbからヘクトパスカル(hPa。1hPa=100Pa)に変わった。1気圧は 1013.25hPaで,数値は mbと同じである。(→気圧トルヘクトパスカルミリバール

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android