コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気成変成作用(読み)きせいへんせいさよう

岩石学辞典の解説

気成変成作用

atmogenic metamorphism: 火山の噴気孔の活動によって起こる変成作用[Hatch : 1888].
pneumatolytic metamorphism: 熱変成作用と気成作用の過程の最終的な生成物を含む変成作用で,この間に明瞭な区別はつけられない.一般に気成作用は熱変成作用に続くもので,両者は二重に重なっている[Harker : 1932].ポテンシャル変成作用(potential metamorphism)[Grubenmann & Niggli : 1924].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android