コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気成変成作用 きせいへんせいさよう

岩石学辞典の解説

気成変成作用

atmogenic metamorphism: 火山の噴気孔の活動によって起こる変成作用[Hatch : 1888].
pneumatolytic metamorphism: 熱変成作用と気成作用の過程の最終的な生成物を含む変成作用で,この間に明瞭な区別はつけられない.一般に気成作用は熱変成作用に続くもので,両者は二重に重なっている[Harker : 1932].ポテンシャル変成作用(potential metamorphism)[Grubenmann & Niggli : 1924].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

気成変成作用の関連キーワード大気成岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android