コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気成作用 きせいさようpneumatolysis; pneumatolytic process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気成作用
きせいさよう
pneumatolysis; pneumatolytic process

マグマから分離した高温ガスによって鉱物が直接晶出したり,岩石の交代変質が起るような作用。昇華作用,ガスとガスの反応による鉱物の生成作用 ( SnF4(g)+2H2O(g)→SnO2+4HF(g) など) ,およびガスと岩石の反応による新しい鉱物種の生成作用などをいう。関与するものがガス相の場合を気成作用といい,水溶液相の熱水作用と区別する。岩石のグライゼン化や,スズ石電気石,斧石,トパーズ,蛍石,スカポライトなど,スズ,ホウ素,リチウム,フッ素,塩素などの元素を含む鉱物を生成する変質作用や,スズ石を主とするスズの鉱床の生成がこの作用の例とされてきた。しかし,鉱物の流体包有物の研究から,従来気成作用によるとされてきたものの大部分は,熱水作用によるものであることが指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きせい‐さよう【気成作用】

マグマ固結の末期に、マグマから分離した高温のガス成分によって鉱物が生成したり岩石が変質したりする作用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

気成作用【きせいさよう】

マグマの固結の残液について,かつて水の臨界温度以上では気相状態であり,それに含まれるフッ素,塩素,ホウ素などから電気石,フ(斧)石,トパーズ,蛍石,リン灰石,柱石などの鉱物が晶出して鉱床ができたり,また岩石が水蒸気やこれら元素の作用で変質すると考えられた。
→関連項目気成鉱床

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

気成作用

最初にブンゼンは火山ガスや蒸気の影響によって鉱物が形成される過程としたが[Bunsen : 1851],ブレガーは広く解釈してマグマの揮発性成分によって鉱物の全部または一部が形成されるすべての過程をいうとした[Brögger : 1850].一般には固結しつつあるマグマから放出されたガスの作用により,岩石が変質するか鉱物が生成する作用をいう.ギリシャ語のpneumatosは空気,ガスの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

気成作用の関連キーワードプロトニューマトリシスニューマトフィライトトロウレスワーシー岩ディパイア化作用カルク菫青石直閃石岩オデガルダイト電気石花崗岩交代変成作用スエヴァイト気成変成作用正マグマ的気成副成分自触媒作用自変成作用非気成作用火成鉱物鉱化作用上岩漿成気体作用