コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気腫疽 きしゅそblackleg

翻訳|blackleg

世界大百科事典 第2版の解説

きしゅそ【気腫疽 blackleg】

ウシ,まれにヒツジ,ヤギに気腫疽菌Clostridium chauvoeiが感染して起こる急性,熱性の伝染病。多肉部に無病性の気腫を生じる。とくに放牧中の若いウシに多発し,地方的に散発する傾向がある。日本では九州,中国,近畿,関東で発生が多く,北海道でも地域により散発的に発生する。日本の気腫疽予防液では免疫持続期間が約6ヵ月である。治療には高度免疫血清が用いられるが,初期にはペニシリンなども有効である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の気腫疽の言及

【スト破り】より

…ストライキ中の工場や事業場であるにもかかわらず,そこで就労する労働者,またはその労働者の行為により,ストライキの効果の減殺をはかること。スキャッブscab(もと米語)ともいわれ,イギリスではstrikebreakerないしblacklegが一般的な言い方である。使用者は生産や営業の続行をもとめて,さらにはストライキの切りくずしを目的として,ストライキ非参加者や雇い入れた失業者を就労させることがある。…

※「気腫疽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

気腫疽の関連キーワード北里柴三郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android