気質喜劇(読み)きしつきげき(英語表記)comedy of humours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「気質喜劇」の解説

気質喜劇
きしつきげき
comedy of humours

イギリス喜劇の一つ。人間の気質が4種類の体液 (血液粘液黄胆汁黒胆汁) の配合によって決るとする中世医学のに基づき,そこから生じるそれぞれの気質を特に著しく備えた人物を登場させて,おかしを感じさせようとする喜劇。 B.ジョンソンの『十人十色』 (1598) などがその典型といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の気質喜劇の言及

【喜劇】より

…この劇は台本をもつ正統喜劇commedia sostenutaと対立するものであるが,ヨーロッパ各地に進出し,正統古典喜劇の成立に大きな影響を与えることになる。エリザベス朝期のイギリスでは,ベン・ジョンソンが,《十人十色》《ボルポーネ》などの性格を中心とした気質喜劇comedy of humorsを書いている。シェークスピアも《ヘンリー4世》や《ウィンザーの陽気な女房》のなかで,フォールスタッフのような喜劇的個性を創造したが,《まちがい続き》のような状況喜劇も書いているし,悲劇性を含む悲喜劇や,幻想的な喜劇《あらし(テンペスト)》も書いている。…

※「気質喜劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android