コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中パラシュート すいちゅうパラシュートsubmarine parachute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中パラシュート
すいちゅうパラシュート
submarine parachute

大型船を速く制動するために,水中で使用するパラシュート。タンカーや鉱石船などの巨大化に伴い,船舶の制動が大きな問題となってきた。 16ノットで航行中の 20万重量tのタンカーが完全に止るためには,プロペラフルスピードで逆回転させても 16分間,4000mも走り,非常の場合にはほとんど役立たない。そこで考え出されたのが水中パラシュートで,鉱石専用船『さんたいさべる丸』 (5万 3612重量t) の実験によると,プロペラを逆回転させるだけの場合は 10.5ノットから完全停止まで6分 40秒,1500m走ったが,両舷に直径 3mの水中パラシュートを2個ずつ,4個を海中に落した場合は4分 47秒,700mに短縮することができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android