コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走り ハシリ

2件 の用語解説(走りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしり【走り】

走ること。また、走り方。「安定した走りのランナー」「球の走りがよい」
滑らかに動くこと。また、そのぐあい。「戸の走りをよくする」「筆の走りがよい」
野菜・果物・魚などの、出回り期の最初に出るもの。走り物。初物。「カツオの走り」「走りのタケノコ」
ある物事のはじめとなったもの。先がけ。「梅雨の走り」「流行の走り
走り木」の略。
「橋げたを渡る者あらば―を以て推し落とすやうにぞ構へたる」〈太平記・一四〉
台所の流し。
「―の出刃庖丁、よう磨(と)がしておいたぞや」〈浄・宵庚申
逃亡すること。出奔(しゅっぽん)。駆け落ち。
「失物か―か心中がかった者なら」〈浄・歌祭文

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はしり【走り】

走ること。また、走り方。 「ひと-してくる」
時季に先駆けて出る農作物・漁獲物など。また、同種の物事のうち、いちばん初めのもの。 「 -だからまだ高価だ」
敵に向かって木を滑らせ、ころがすこと。走り木。 「 -を以て推し落す様にぞ構へたる/太平記 14
台所の流し。 「其家の-の脇に埋んだげな/浄瑠璃・八百屋お七」
逃亡。駆け落ち。 「失物か、-か/浄瑠璃・新版歌祭文」
俳諧の付合方法の一。前句の語勢に乗って句を付けること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

走りの関連キーワード韋駄天走り徒走り小走り小股走り直走り一走り不安定一散走り駆足ちょこちょこ走り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

走りの関連情報