走り(読み)ハシリ

デジタル大辞泉の解説

はしり【走り】

走ること。また、走り方。「安定した走りのランナー」「球の走りがよい」
滑らかに動くこと。また、そのぐあい。「戸の走りをよくする」「筆の走りがよい」
野菜・果物・魚などの、出回り期の最初に出るもの。走り物。初物。「カツオの走り」「走りのタケノコ」
ある物事のはじめとなったもの。先がけ。「梅雨の走り」「流行の走り
走り木」の略。
「橋げたを渡る者あらば―を以て推し落とすやうにぞ構へたる」〈太平記・一四〉
台所の流し。
「―の出刃庖丁、よう磨(と)がしておいたぞや」〈浄・宵庚申
逃亡すること。出奔(しゅっぽん)。駆け落ち。
「失物か―か心中がかった者なら」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしり【走り】

走ること。また、走り方。 「ひと-してくる」
時季に先駆けて出る農作物・漁獲物など。また、同種の物事のうち、いちばん初めのもの。 「 -だからまだ高価だ」
敵に向かって木を滑らせ、ころがすこと。走り木。 「 -を以て推し落す様にぞ構へたる/太平記 14
台所の流し。 「其家の-の脇に埋んだげな/浄瑠璃・八百屋お七」
逃亡。駆け落ち。 「失物か、-か/浄瑠璃・新版歌祭文」
俳諧の付合方法の一。前句の語勢に乗って句を付けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

走りの関連情報