コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中切断 すいちゅうせつだんunderwater cutting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中切断
すいちゅうせつだん
underwater cutting

水中で行う特殊なガス切断をいう。 (1) 吹管 (トーチ) の外周より圧縮空気または酸素を噴出させて水を排除し,この気流中で予熱炎と切断酸素噴流とによって切断する方法と,(2) 吹管に外套をつけて予熱炎を安定化させ,同様に切断する方法がある。水中点火には金属ナトリウム,リン酸カルシウム,アークなどが用いられる。予熱炎には,水深 7mまで酸素アセチレン炎,45m程度まで酸素水素炎,45mをこえれば酸素プロパン炎を用いる。現在水深 70m程度まで可能とされている。 (→切断加工 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

水中切断の関連キーワードアーク切断

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android