コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中切断 すいちゅうせつだんunderwater cutting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水中切断
すいちゅうせつだん
underwater cutting

水中で行う特殊なガス切断をいう。 (1) 吹管 (トーチ) の外周より圧縮空気または酸素を噴出させて水を排除し,この気流中で予熱炎と切断酸素噴流とによって切断する方法と,(2) 吹管に外套をつけて予熱炎を安定化させ,同様に切断する方法がある。水中点火には金属ナトリウム,リン酸カルシウム,アークなどが用いられる。予熱炎には,水深 7mまで酸素アセチレン炎,45m程度まで酸素水素炎,45mをこえれば酸素プロパン炎を用いる。現在水深 70m程度まで可能とされている。 (→切断加工 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水中切断の関連キーワードアーク切断

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android