コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹管 スイカン

デジタル大辞泉の解説

すい‐かん〔‐クワン〕【吹管】

吹管分析で用いる金属性の管。吹き口から空気を吹き込み、他端の細い穴から吹き出る空気をに吹きつけて吹管炎を作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいかん【吹管】

吹管分析を行うための、黄銅製で L 字形の器具。一端(先口)を炎の中に入れ他端(口当て)から空気を吹き込む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吹管の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧リヒター(Hieronymus Theodor Richter)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)ベルツェリウスブローランプトーチランプアロフェン乾式反応ろうつぎ仁明天皇頑火輝石リヒターガス溶接化学分析酸水素炎水中切断ノズル酸化炎ふいご黄銅鉱

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android