コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水力分級機 すいりょくぶんきゅうきhydraulic classifier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水力分級機
すいりょくぶんきゅうき
hydraulic classifier

分級機の一種。水中における固体粒子の沈降速度が粒径によって異なる原理を応用し,さらに上昇水流の助けをかりて,径の大きい粒子群を機体下部に沈積させ,径の小さい粒子群のみ機体上部を通過させることにより分級の目的を果す。機体に可動部分のないのが一つの特徴。石炭や鉱石の分級によく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android