水当量(読み)みずとうりょう(英語表記)water equivalent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水当量
みずとうりょう
water equivalent

(1) ある物体と同じ熱容量をもつ水の質量。物体の熱容量を水の比熱で割った値に等しい。水熱量計で熱量を測定するとき,水のほかに容器,温度計,攪拌棒などの温度も変化するので,これらの熱容量を水当量として熱量計算に用いる。水当量は材料物質の比熱と質量から算出したり,熱容量が既知の試料を用いて実験的に求めたりする。
(2) カール・フィッシャー試薬の力価。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android