コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水成岩脈 すいせいがんみゃくneptunian, neptunic dyke

岩石学辞典の解説

水成岩脈

垂直か垂直に近いシート状の破砕状堆積物で,浸食された表面の裂け目に堆積し充填して形成されたもの.ストリックランドがライアス紀の頁岩の中の岩脈として記載し,割れ目の堆積物と考えた[Strickland : 1840].この語は1896年になってパブロフにより紹介された[Pavlov : 1896].ネプチューンNeptune)は海の神様.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android