コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水成岩脈 すいせいがんみゃく neptunian, neptunic dyke

1件 の用語解説(水成岩脈の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

水成岩脈

垂直か垂直に近いシート状の破砕状堆積物で,浸食された表面の裂け目に堆積し充填して形成されたもの.ストリックランドがライアス紀の頁岩の中の岩脈として記載し,割れ目の堆積物と考えた[Strickland : 1840].この語は1896年になってパブロフにより紹介された[Pavlov : 1896].ネプチューンNeptune)は海の神様.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水成岩脈の関連キーワード垂直的拡張落し差しダイアミクタイト垂直成長垂直堆積異地性ボーキサイト珪質堆積物横断節理鍋状陥没フラットスイング

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone