コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水準標尺 スイジュンヒョウシャク

デジタル大辞泉の解説

すいじゅん‐ひょうしゃく〔‐ヘウシヤク〕【水準標尺】

水準測量で用いる一種のものさし。木製または金属製で、長形の箱状。ふつう三段に収縮でき、伸ばすと約5メートルになる。地上に垂直に立て、水準儀で見て目盛りを読む。箱尺(はこじゃく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじゅんひょうしゃく【水準標尺】

水準測量に用いる標尺。水準儀でこれを見て、高さを測るのに用いる。木製の入れ子構造になっており、必要に応じて高く伸ばしていく。最大長は5メートル。箱尺はこじやく。水準照尺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水準標尺の関連キーワード水準測量標尺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android