水準標尺(読み)スイジュンヒョウシャク

デジタル大辞泉の解説

すいじゅん‐ひょうしゃく〔‐ヘウシヤク〕【水準標尺】

水準測量で用いる一種のものさし。木製または金属製で、長形の箱状。ふつう三段に収縮でき、伸ばすと約5メートルになる。地上に垂直に立て、水準儀で見て目盛りを読む。箱尺(はこじゃく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじゅんひょうしゃく【水準標尺】

水準測量に用いる標尺。水準儀でこれを見て、高さを測るのに用いる。木製の入れ子構造になっており、必要に応じて高く伸ばしていく。最大長は5メートル。箱尺はこじやく。水準照尺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android