コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱尺 ハコジャク

デジタル大辞泉の解説

はこ‐じゃく【箱尺】

水準測量で用いる、水平視線の高さを測定する標尺。全長2~5メートルあるが、箱状の尺が二段または三段に入れ子状になっていて、必要に応じて引き出す。標尺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の箱尺の言及

【ものさし(物差∥物指)】より

…丸目は実目盛に対して1/π倍に目盛られている(曲尺(かねじやく))。 たたみ尺は数片を連接して折りたためるようにしたものさしで,折り尺,箱尺,スタジア尺などがある。材料は木,竹,金属である。…

※「箱尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

箱尺の関連キーワード水準標尺

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱尺の関連情報