コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水無脳症 すいむのうしょうhydranencephaly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水無脳症
すいむのうしょう
hydranencephaly

胎児の奇形の一つ。胎生期に内頸動脈に形成不全が起り,大脳半球の発達に異常が生じる,まれな奇形。大脳は完全に欠損して,その遺残は薄い膜様物となり,きわめて大きくなった脳室腔をおおっている。脳幹部,視床下部大脳基底核には障害がない。頭蓋の大きさは多くは正常であるが,中脳水道閉塞を伴って水頭症 (脳水腫) を起せば,大きくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

水無脳症の関連キーワード脳形成不全性水頭症孔脳症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android