コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳水腫 ノウスイシュ

百科事典マイペディアの解説

脳水腫【のうすいしゅ】

水頭症とも。異常に多量の脳脊髄液が頭蓋腔内に貯留する病気。乳幼児に多くみられ,頭は異常に大きくなるが,脳実質は萎縮し,嘔吐(おうと),視力障害,運動障害,知能発達の障害,全身衰弱などを示す。
→関連項目トキソプラズマ脳圧亢進

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳水腫
のうすいしゅ

水頭症」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳水腫
のうすいしゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

脳水腫の関連キーワード一酸化炭素中毒(CO中毒)トキソプラズマ症脳脊髄膜炎先天梅毒水無脳症脳腫瘍遺伝病嚢虫症手術妊娠早熟

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android