水素化分解法(読み)すいそかぶんかいほう(英語表記)hydrocracking process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素化分解法
すいそかぶんかいほう
hydrocracking process

炭化水素を高温高圧のもとに水素気流の中で触媒を用いてより軽質の炭化水素に転化させること。ナフサから残油にいたる広範囲の原料油を処理することができ,しかも得られる製品の得率も,液化石油ガス,ガソリン,灯油,ジェット燃料油,軽油など自由に調整できる。日本ではナフサから液化石油ガスを製造する目的で導入されているほか,重油脱硫装置として応用されている。反応温度は接触分解より低い 200~430℃であるが,圧力は 70~210 kg/cm2 とはるかに高い。触媒としてはアルミナ担体とする硫化タングステン,モンモリロナイトを担体とする鉄,ニッケルなどがあり,触媒の取扱方法には固定床式と流動床式がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android