コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素化精製法 すいそかせいせいほうhydrotreating process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水素化精製法
すいそかせいせいほう
hydrotreating process

石油製品を水素と接触させて品質の向上をはかる工程。原料油と水素を混合し高温高圧下で触媒 (コバルト・モリブデン系など) と接触させて硫黄,窒素,酸素などの不純物を除去する工程で,収率は約 100%である。接触改質法の発達により安価な水素が大量に得られるようになって以来,ガソリン,灯軽油,潤滑油の精製のほか,重油の脱硫にも使用されている。反応温度は一般に 290~420℃,反応圧力は軽質油の場合 20~50kg/cm2,重質油の場合 50~200kg/cm2程度である。触媒は普通の場合1年以上の連続使用が可能であり,コークの付着により活性が低下したときは再生される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水素化精製法の関連キーワード硫酸スラッジ製油所

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android