コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水蒸気改質反応 すいじょうきかいしつはんのうsteam reforming reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水蒸気改質反応
すいじょうきかいしつはんのう
steam reforming reaction

ナフサなどの炭化水素水蒸気により都市ガスを製造する反応方式。ニッケル触媒の存在下,反応温度 700~900℃で炭化水素と水蒸気との反応により水素と一酸化炭素を生成するが,同時にメタンおよび二酸化炭素を副生する。温度,圧力などの反応条件により生成ガスの組成は大きく異なり,一酸化炭素を多く含むガスを都市ガスとして利用する場合は,一酸化炭素を水蒸気との反応によって水素および二酸化炭素に変成している。高活性触媒の使用により,反応温度 350~500℃でも水蒸気改質反応が起る。低温度域での反応はメタンを多く生成し,高熱量のガスが得られる。高温度で行う反応装置は水素製造プラントとして化学工業などでも広く使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水蒸気改質反応の関連キーワードガス発生炉燃料電池ナフサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android