コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷氏(読み)みずたにうじ

世界大百科事典 第2版の解説

みずたにうじ【水谷氏】

中世武家。藤原姓。《尊卑分脈》などによれば鎌倉期に水谷重輔―清有―季(秀)有がみえる。重輔は仁治~寛元年間(1240‐47)幕府が天地災変祭を行う際の御使として,また将軍藤原頼経の扈従人として現れ,さらに鶴岡八幡宮放生会に際して将軍の役送を務めたりしている(《吾妻鏡》)。清有,季有は六波羅評定衆としてみえる(《尊卑分脈》)。彼らの本貫について,近江国犬上郡水谷郷などとの説がある。《太平記》にみえる水谷刑部少輔,水谷兵衛蔵人をはじめ,南北朝前期に幕府方として活躍する水谷氏が散見するが,系譜関係はつまびらかにできない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の水谷氏の言及

【備中国】より

…ついで鳥取城主池田長幸が1617年(元和3),6万5000石を領して松山に入城して松山藩を立藩した。その後,水谷(みずのや)氏(5万石),安藤氏(6.5万石),石川氏(6万石)を経て,1744年(延享1)以降は板倉氏(5万石)が襲封し,維新時の藩主勝静(かつきよ)は老中の一人として活躍した。 関ヶ原の戦直後に立藩したものに浅尾,足守,庭瀬の諸藩がある。…

※「水谷氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水谷氏の関連情報