コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化鉱物 すいさんかこうぶつhydroxide mineral

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかこうぶつ【水酸化鉱物 hydroxide mineral】

金属元素と水酸基-OHの結合した鉱物で,鉱物種としては比較的少数である。陽性成分である金属,例えばMg,Alとそれぞれ水酸基が2個および3個結合し,Mg(OH)2とAl(OH)3が生成する。前者はブルーサイト,後者はギブサイトである。それぞれ水分の多い環境において生成する鉱物であって,ブルーサイトは高マグネシウム含有岩石の蛇紋岩などの風化分解,低温の熱水変質などにより加水された結果生成した鉱物であり,ギブサイトは酸性岩の風化分解作用による加水の結果生じた鉱物であってボーキサイトの主成分鉱物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

水酸化鉱物の関連キーワードファイトクネヒト鉱デソーテルス石ブルーサイトマンガン鉱物バリウム鉱物ギブサイトチタン鉱物造岩鉱物酸化鉱物ギブス石金属元素熱水変質蛇紋岩鉄鉱物硼酸石針鉄鉱加水

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android