コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針鉄鉱 しんてっこう goethite

4件 の用語解説(針鉄鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針鉄鉱
しんてっこう
goethite

FeO(OH) 。斜方晶系。硬度5~5.5,比重 4.28。含水酸化鉄の結晶鉱物。針状,ときに繊維状。褐色で条痕は黄色。褐鉄鉱は非結晶質であるが,実際の褐鉄鉱床の鉄鉱物は針鉄鉱のことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

針鉄鉱【しんてっこう】

ゲーサイトとも。組成FeO(OH)の鉄の鉱物。斜方晶系。黒褐色の柱状・針状の結晶をなし,硬度5〜6,比重4.28,へき開は完全。産状の多くは黄〜黄褐色の塊状。鉄鉱物の風化によって2次的に生成し,土壌,ボーキサイト中の主要鉄鉱物であり,褐鉄鉱は通常針鉄鉱の微細結晶の集合体である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しんてっこう【針鉄鉱】

鉄の水酸化鉱物の一。化学式 α-FeOOH 斜方晶系。黄褐色ないし黒褐色。鉄銹てつさびや、金属鉱山の「焼け」の主成分。はりてっこう。ゲーサイト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

針鉄鉱
しんてっこう
goethite

鉄の鉱石鉱物の一つ。いわゆる褐鉄鉱の主成分は低結晶度の針鉄鉱である。鱗(りん)鉄鉱lepidochrocite(γ(ガンマ)-FeOOH)およびフェロキシハイトferoxyhyte(δ(デルタ)-FeOOH)とは同質異像関係にある。堆積(たいせき)岩中に鉱層をなし、また鉄を含んだ鉱物の分解酸化によって生成される。またある種の熱水鉱床中に産するほか、鉄分に富む土壌中、地表の陸水中の沈殿物としても産する。自形は斜方板状をなし、熱水鉱床中にみられる。英名は、ドイツの文豪ゲーテの所有した鉱物標本中にこの種の存在が確認されたことに由来するといわれる。しかし現在では当初命名の対象になったものは鱗鉄鉱であったという説が有力である。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の針鉄鉱の言及

【褐鉄鉱】より

…褐鉄鉱という名は元来2Fe2O3・3H2Oの組成をもつ含水酸化鉄鉱物に与えられた名前である。しかしその後,褐鉄鉱とされているものは吸着水をもつ非常に細粒な針鉄鉱からなることが判明した。現在,褐鉄鉱はその鉱物組成がよく知られていない天然の含水酸化鉄鉱物集合体の名として用いられている。…

※「針鉄鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

針鉄鉱の関連キーワード水マンガン鉱ティーザーサイトデーサイトラテライト性組成偽パーサイトダブル・パーサイトドルーサイトリューサイト斑岩リューサイト-ベーサイト緑レン石(緑簾石)