コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱水 だっすい

8件 の用語解説(脱水の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

だっすい【脱水】

体内の水分がひどく減ってしまった状態をいいます。幼児や大人は体の60%が水分ですが、赤ちゃんは60-70%と、体重あたりの水分必要量がとても多いのが特徴。そのため、水分が少し減っただけでもぐったりしてしまいます。特に発熱、下痢、嘔吐のときは脱水に注意が必要です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だっ‐すい【脱水】

[名](スル)物に含まれている水分を取り除くこと。結晶から結晶水を取り去ることや、化合物中の水素酸素とを水分子の形で奪うことなどもいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脱水【だっすい】

(1)物質に含まれる水分を除去すること。→乾燥(2)結晶水を取り去ること。(3)脱水反応化学物質中から酸素原子と水素原子を水分子として取り去ること。たとえばエチルアルコール蒸気を約300℃でアルミナ上に通すと1分子の水がとれてエチレンが生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

脱水

 →乾燥

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だっすい【脱水 dehydration】

有機化合物が分子間または分子内で水を1分子脱離して新しく共有結合が生成すること。分子間の場合には縮合の一種と考えられ,分子内の場合には脱離反応の一つと考えられる場合もある。たとえば,エチルアルコールC2H5OHは濃硫酸の存在下で2分子が縮合してジエチルエーテル(C2H5)2Oを与える(式(1))が,副反応として分子内で脱水されてエチレンC2H4が生成する(式(2))。 2C2H5OH―→(C2H5)2O+H2O  ……(1)  C2H5OH―→CH2=CH2+H2O  ……(2) また,ヒドロキシ酸は容易に分子内で脱水されてラクトンを生成する(式(3))。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だっすい【脱水】

( 名 ) スル
水分を取り除くこと。 「洗濯機で-する」
結晶水をもつ結晶から結晶水を除くこと。また化合物を分解して、水分子を取り除いたり、同種または異種の二分子から、水素イオンと水酸化物イオンを水として取り除いて、二分子を縮合させること。
体内の水分が欠乏すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱水
だっすい

(1) desiccation 物質中に含まれる水分を除去する操作。冷却などによって水分を液化,凍結して除去することもできるが,多くの気体,液体では固形乾燥剤を用いて脱水を行う。食品の脱水を普通は乾燥という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱水
だっすい
dehydration

単に物質に混在している水分を除く場合と、化合物中からH2Oに相当する部分を奪い去ることとの両意に用いられる。混在水分の除去は乾燥であり、気体、液体、固体それぞれの試料の状態に対して種々の方法がある。
(1)固体の脱水、乾燥 密閉容器に脱水剤を入れ、その上に目的とする試料を置く。デシケーターはこのために考案されたものである。脱水の速度をあげ、かつ完全を期すために減圧に引いたりすることもある。それほど厳密さを要求されないときには、ガーゼや濾紙(ろし)などで吸収させたり、空気中に放置(風乾)する。
(2)液体の脱水 シリカゲルや活性アルミナ、モレキュラーシーブなどを投入したり、あるいはカラムに充填(じゅうてん)しておいて液体を流下させたりする。化学反応によって水を除くこともあり、金属ナトリウムなどを線状にして注入することもある。
(3)気体の脱水 冷却による凝縮が有効である。ドライアイスなどの冷媒に浸したトラップに導いて氷をつくって除いたり、脱水剤を詰めたカラムに通じたりする。
(4)化合物から水に相当する部分を奪い去る例は、酢酸とエタノール(エチルアルコール)から酢酸エチルが生じるときにみられる。このとき反応生成物である水を除くと反応が進む。つまり脱水縮合反応である。あるいはエタノールからエチレンやジエチルエーテルの生成する反応も脱水反応である。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脱水の言及

【脱水症】より

…体の水分(体液)が欠乏していろいろな症状があらわれた状態をいう。体液には水分のほかにナトリウムイオンNa,カリウムイオンK,塩素イオンClなどの電解質が含まれているので,単に水分の欠乏による症状のみではなく,それらの電解質の欠乏のために起こる症状もあらわれる。 脱水症をおこす原因としては,乳児では下痢(乳児下痢症)や嘔吐によるものが多い。乳児ではそのほか,発熱のために発汗がひどいときや,口内炎ができてミルクや水分を飲まなくなって脱水症状になってしまうことがある。…

※「脱水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脱水の関連キーワード環化元素分析高分子化合物脱水素反応分子結晶有機化学有機スズ化合物架橋有機物ヒ素化合物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱水の関連情報