水野英子(読み)みずの ひでこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野英子 みずの-ひでこ

1939- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和14年10月29日生まれ。昭和31年「少女クラブ」掲載の「赤っ毛小馬(ポニー)」でデビューし,「星のたてごと」「白いトロイカ」などスケールのおおきな作品を発表。45年「ファイヤー!」で小学館漫画賞を受賞し,ミュージカルにもなった。平成22年日本漫画家協会賞文部科学大臣賞。山口県出身。作品はほかに「ホフマン物語」「ルートヴィヒII世」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水野英子の関連情報