コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷河性海面変化 ひょうがせいかいめんへんか

1件 の用語解説(氷河性海面変化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

氷河性海面変化【ひょうがせいかいめんへんか】

氷期における陸上の氷河(おもに大陸氷河)の拡大,および間氷期における氷河の融解がもたらした海水面の昇降。たとえば第四紀のウルム氷期の海面は現在より約100m低下していたといわれ,その後約1万5000年の間に100mほど上昇,これは沖積世海進と呼ばれ,日本では,有楽町海進または縄文海進の名で呼ばれている。
→関連項目海岸線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の氷河性海面変化の言及

【氷河地形】より

…海底地形の研究からも氷期には100m以上の海面の低下があったことが知られている。このように陸上の氷河の消長によって海面高が変化することを氷河性海面変化という。当然のことながら,第四紀を通じて繰り返された氷河性海面変化は,世界中の海岸地形の発達を規制し,とくに地殻の隆起地域では海成段丘地形としてその証拠が明瞭に残されている。…

※「氷河性海面変化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氷河性海面変化の関連キーワードウルム氷期大陸氷河ビュルム氷期氷河氷河期氷河時代氷床ウプサラ氷河ペリトモレノ氷河氷河角礫岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone