コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷期 ひょうきglacial age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷期
ひょうき
glacial age

氷河時代のうち,特に気候が寒冷となり中緯度圏の非山岳地域にも氷河の発達した時期をいう。第四紀の氷河時代には,ギュンツ,ミンデル,リス,ウルムなどの氷期があった。なお氷期と氷期の間の気候温暖な時期は間氷期といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

氷期

地質時代の特に最新の260万年に、現在より寒冷でより広く氷河が発達した時代の氷期と、温暖で氷河が縮小した間氷期とが繰り返し地球を見舞った。氷期には大陸に厚い氷床が発達して海水面が低下し、間氷期には氷が解けて海水面が上昇した。この大きな気候変動を、ミランコビッチ・サイクルという。第47次南極地域観測隊は、ドームふじ基地での氷床深層掘削において、深さ3000mを超える氷床コアの採取に成功した。2004年9月、英仏など欧州の共同研究チームが、南極ドームC基地で、過去74万年間に8回の氷期・間氷期の繰り返しがあったことを実証しているが、それを超えて過去100万年前まで地球環境変動の復元ができると期待されている。さらに氷床下の岩盤掘削へと挑戦の予定。深海底コアからの有孔虫化石の酸素同位体比が、氷床量の増減に関係しているため、さらに古い時代まで寒暖の変動周期が推定されている。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

氷期【ひょうき】

氷河時代のうちでも特に寒冷で氷河が著しく発達した時期。かなり温暖であった間氷期と区別される。第四紀の氷期は高・中緯度での氷河の消長によって設定され,アルプス周辺ではギュンツ(第1),ミンデル(第2),リス(第3),ウルム(第4)の4氷期が以前から知られていたが,現在では,ギュンツ氷期以前にドナウ氷期を(あるいは,さらに以前のビーバー氷期をも)認めている。
→関連項目ウルム氷期ギュンツ氷期ミンデル氷期リス氷期

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうき【氷期 glacial stage】

第四紀更新世のいわゆる氷河時代には,両極のみならず中緯度の平野・丘陵部も広く大陸氷河におおわれた気候の寒冷期があり,そのような時期を氷期という。氷期は現在の気候と同等の温暖気候の時期である間氷期interglacial stageと交代をくり返している。氷期はさらに,現在にくらべれば気温は低く,植生の回復も現在ほどではないにしても温暖化した時期の亜間氷期によって亜氷期に区分される。 第四紀の氷期はドイツのA.ペンクとE.ブリュックナーの研究(1901‐09)により,次のようになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうき【氷期】

氷河時代のうち、特に気候が寒冷で氷河が発達・拡大し、世界的に海面低下が生じた時期。氷河期。 ↔ 間氷期

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷期
ひょうき

氷河時代において中緯度地域まで氷床や氷河が大規模に進出拡大して存在した時期。反対に氷河があまり発達しなかった時期を間氷期という。氷期はつねに寒冷な気候の継続ではなく、そのなかにあっても氷河の後退縮小した温暖な時期が2~3回あり、これを亜間氷期といい、一方、亜間氷期と亜間氷期の間で氷河がふたたび前進拡大する寒冷な時期を亜氷期という。氷期は地球規模の気候変動で、その周期は10万年とされる。氷河の前進と後退の時期は高緯度と低緯度地域とではずれ、高緯度地域ほど氷期が長期間となる。したがって一つの氷期の年代は地域により異なり、その絶対年代を厳密に決めることは困難である。第四紀の氷期については、古くからアルプス周辺、旧ソ連地域、北アメリカなどで氷河性堆積(たいせき)物(氷堆石、氷縞(ひょうこう)粘土など)から氷河の消長が研究されてきた。アルプス北方では5回の氷期が認められ、古いほうからドナウ氷期、ギュンツ氷期、ミンデル氷期、リス氷期、ビュルム氷期とよばれて、長く第四紀氷河時代の区分の標準とされてきた。しかし、最近の深海底堆積物の研究によると、この100万年の間に10回の寒冷期(氷期)のあったことがわかってきた。[松島義章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の氷期の言及

【氷河時代】より

…それはドナウ川沿いの河川名をとり,ビーバー,ドナウ,ギュンツ,ミンデル,リス,ウルム氷期と古い方から順に,その頭文字がアルファベット順に工夫されている氷期名である。それぞれの氷期glacial stageの間に間氷期interglacial stageがおかれたが,氷期の融氷水礫層が間氷期には風化されることにより,風化の程度から間氷期の時間の相対的な長さが考えられた。スカンジナビア氷床があった北ヨーロッパでも同じように河川名を採用し,古い方からエルスター,ザーレ,ワイクセル氷期とし,その間に海成層で特徴づけられる間氷期を,海成層の分布域のホルスタイン,エームの名で区分した。…

【氷河時代】より

… 更新世の氷河作用の研究では,多氷河作用が認められたヨーロッパ・アルプスで氷河時代の編年の先鞭がつけられた。それはドナウ川沿いの河川名をとり,ビーバー,ドナウ,ギュンツ,ミンデル,リス,ウルム氷期と古い方から順に,その頭文字がアルファベット順に工夫されている氷期名である。それぞれの氷期glacial stageの間に間氷期interglacial stageがおかれたが,氷期の融氷水礫層が間氷期には風化されることにより,風化の程度から間氷期の時間の相対的な長さが考えられた。…

※「氷期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氷期の関連キーワード青森県つがる市木造出来島ギュンツ=ミンデル間氷期ミンデル=リス間氷期リス=ウルム間氷期ウィスコンシン氷期サンガモン間氷期氷河性海面変化中期旧石器時代ネブラスカ氷期ヤーマス間氷期アフトン間氷期イリノイ氷期アブビル文化ビュルム氷期カンザス氷期アイオワ氷期化石構造土ザーレ川地質時代古東京湾

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氷期の関連情報