コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永久寺 えいきゅうじ

世界大百科事典 第2版の解説

えいきゅうじ【永久寺】

奈良県天理市にあった真言宗古刹鳥羽天皇御願寺で,受戒の師寛恵を開基とする。永久年中(1113‐18)に創建されたのでその年号寺号とするが,詳しくは内山金剛乗院永久寺と称した。南北朝時代後醍醐天皇が笠置城の落城の後,この寺に忍んだことがある。中世以来真言修験道を奉じ,当山派大峰正大先達(せんだつ)衆の一員としてその職を継ぎ,諸国に配下の袈裟下(けさした)修験を領し,大峰山に入峰(にゆうぶ)した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

永久寺の関連キーワード奈良県天理市杣之内町密教両部大経感得図ワタカ(黄錮魚)奈良県天理市頼円(1)山辺の道藤原宗弘三ノ輪日蔵尊智康円運賀重命