修験(読み)シュゲン

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐げん【修験】

〘名〙 仏語。
① (呪法を修めて、効験をあらわす意) 山野を歩き回るなど、霊験のある法を修めること。また、その効験をあらわすこと。
※三代実録‐貞観一〇年(868)七月九日「少年入山未出。天皇聞修験〈略〉徴道珠
※読本・春雨物語(1808)目ひとつの神「あやし、ここにくる人あり〈略〉あとにつきて、修験の柿染の衣肩にむすび上げて、金剛杖つき鳴らしたり」
※江談抄(1111頃)三「語得修験之僧、令如意輪法
※源平盛衰記(14C前)三「三井の流れの修験(シュゲン)の人」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「円頓融通の法(のり)の灯(ともしび)かかげそひて、僧坊棟をならべ、修験行法を励し、灵火山霊地の験効、人貴(たふとび)且恐る」
[補注](①について) 霊地としての山岳における修行(峰入り)によって超自然的な力を得、それを駆使しようとするもので、それゆえ修行者たちは山伏と呼ばれた。その修行の場である山は密教における金剛界・胎蔵界の曼荼羅になぞらえられ、また成仏の過程とされる十界に充当される独自の修行過程を経て、修行者は自己に本来存する仏性をその身に体得することになる。その修行には、擬似的な死と再生を意味する過程が組み込まれており、修行者は主に大日如来またはその使者である不動明王と一体化し、邪神・邪霊の降伏等にその験力を発揮しうるようになるものとされる。

す‐げん【修験】

〘名〙 (「す」は「しゅ」の直音表記) =しゅげん(修験)
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉象「雲突く修験(スゲン)山伏か、先達(せんだつ)の蹤(あと)踏んでゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報