コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井陽之助 ながい ようのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井陽之助 ながい-ようのすけ

1924-2009 昭和後期-平成時代の国際政治学者。
大正13年9月9日生まれ。昭和35年北大教授となり,41年東京工業大教授,60年青山学院大教授。政治意識論から国際政治学に関心をうつし,現実主義の外交論を展開。非武装中立の平和論に反対し,非核軽武装論陣をはった。平成20年12月30日死去。84歳。東京出身。東大卒。著作に「平和の代償」「冷戦起源」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井陽之助の関連キーワードラスウェル象徴人類学社会的勢力リースマン米ロ関係シンボル関 寛治権威

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井陽之助の関連情報