コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際政治学 こくさいせいじがくscience of international politics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際政治学
こくさいせいじがく
science of international politics

国際政治を独自の対象領域とする社会科学の一分野。国際政治に関する考察は,たとえば I.カントの『永久平和論』 (1795) に代表されるような一般的構想が発表されたほかは,第1次世界大戦まで本格化しなかった。国際社会が世界的規模で組織されたことを示した第1次世界大戦を契機として,国際政治に対する関心が一般化し,アメリカ,イギリスを中心に国際政治学が誕生した。しかし 1920年代の国際政治学は,ユートピア的色彩,制度論的傾向,方法論上の不明確さなどの限界をもつものであった。 30年代後半のきびしい国際環境のなかで,それらの限界を批判し,権力の役割を重視する現実主義の立場の国際政治学が生れ,第2次世界大戦後の学界でも一時主流を占めるにいたった。しかし,国際政治が複雑さを増し,他面で諸科学分野の協力が進むにつれて,H.モーゲンソーを代表とする権力政治論の立場に対して,その権力概念や国家的利益の概念の独断性を批判する多くの見解が生れた。ことにアメリカでは,行動科学的な理論と方法の国際政治学への導入に伴い,対外政策決定理論,内容分析,紛争理論,ゲームの理論国際体系論などの形でさまざまな理論化の試みが現れ,「厳密科学」への志向が強まっている。また平和の確立を課題とする平和研究が,国際政治学の一分野として重視されつつある。日本では,国際政治学は第2次世界大戦後ようやく本格的な歩みを始め,多くの大学に講座が設けられるようになったが,研究の方法は多彩である。 (→国際関係論 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際政治学【こくさいせいじがく】

国際政治を対象とする政治学の一分野。国際政治は主権国家間の恒常的・総括的な政治関係であり,そこには超国家的統一権力およびそれに裏付けられた一元的秩序はなく,国内政治に比べてはるかにパワー・ポリティクスの要素が濃い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいせいじがく【国際政治学 international politics】


[国際政治学の成立]
 第1次大戦後に新しくはじまった,国際政治の系統的知識の獲得を目的とする学問分野。国際政治学がひとつの学問領域となる以前において,国際関係は外交史および国際法の研究のもとで行われていた。第1次大戦は国民全体を戦禍に巻き込んだということで戦争史上の画期であった。その結果,人類を破滅に導く戦争の原因の探究とその防止のための研究が必要になってきた。また,アジア,アフリカでは植民地からの独立運動が盛んになってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際政治学
こくさいせいじがく

ヨーロッパやアメリカにおいて国際政治の社会科学的な研究が始められ、大学における教科が設置されたのは第一次世界大戦以後のことである。国際政治についての研究はマキャベッリ以来数多く存在するが、それらは支配者のための教訓か、外交史の素朴な記述にすぎなかった。第一次大戦は交戦各国の国民の諸階層を巻き込み、国際問題に対して深い大衆的関心を呼び起こした。戦争の再発を防止しようとする要求が国際政治学の基礎にあった。こうして国際政治学は「いかにあるか」の記述にとどまらず、「いかにあるべきか」を探究しようとした。
 1920年代の欧米の国際政治学は、ユートピアニズムの傾向が濃く、国際法・国際道義の役割を重視し、国際機構などがおもなテーマとされた。一方、マルクス主義の立場からは、レーニンの帝国主義論に出発して世界経済の分析を基礎とする国際政治への接近が行われ、1930年代初頭の世界恐慌の発生とともに、その資本主義諸国に対する分析力について評価が高まった。一方、ナチズムの台頭と戦争の危機に直面して、欧米学界では従来のユートピアニズムの欠陥が反省され、国際政治における権力の契機を重視する方法が提唱された。第二次大戦後も、国際政治を、権力をめぐる闘争として把握する方法が流行した。
 日本では、大学において国際法および外交史の科目は明治以来存在したが、国際政治学international politicsあるいは国際関係論international relationsという名の講座あるいは学科目として設けられたのは第二次大戦後のことであり、この分野を専門にする学者がしだいに増加し、学会も組織された。1960年代以後アメリカにおいては他の社会科学諸分野とも関連して、行動科学やシステム分析などの数量化的方法が盛んとなり、日本においてもマルクス主義的方法の有効性の低下とともにアメリカの学界の傾向が浸透した。本来国際政治学の追究すべき課題である平和確立の方法を理念とする平和研究peace researchという分野が現れ、国際的にもまた日本でも有力となっている。[斉藤 孝]
『日本国際政治学会編『戦後日本の国際政治学』(1979・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際政治学の関連キーワードシェール・バハドル デウバエドワード・ハレット カービクトル・A. ベラウンデマデレーン オルブライトケイシー バタグリア行動科学的アプローチF.L. シューマンコンドリーザ ライスベン ヴァヴェンフィールド理論コロンビア大学E.H. カー積極的平和主義日本政治学会ハンチントン舛添 要一前芝 確三永井陽之助神川 彦松ラパポート

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際政治学の関連情報