コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際政治学 こくさいせいじがく science of international politics

4件 の用語解説(国際政治学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際政治学
こくさいせいじがく
science of international politics

国際政治を独自の対象領域とする社会科学の一分野。国際政治に関する考察は,たとえば I.カントの『永久平和論』 (1795) に代表されるような一般的構想が発表されたほかは,第1次世界大戦まで本格化しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際政治学【こくさいせいじがく】

国際政治を対象とする政治学の一分野。国際政治は主権国家間の恒常的・総括的な政治関係であり,そこには超国家的統一権力およびそれに裏付けられた一元的秩序はなく,国内政治に比べてはるかにパワー・ポリティクスの要素が濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいせいじがく【国際政治学 international politics】


国際政治学の成立]
 第1次大戦後に新しくはじまった,国際政治の系統的知識の獲得を目的とする学問分野。国際政治学がひとつの学問領域となる以前において,国際関係は外交史および国際法の研究のもとで行われていた。第1次大戦は国民全体を戦禍に巻き込んだということで戦争史上の画期であった。その結果,人類を破滅に導く戦争の原因の探究とその防止のための研究が必要になってきた。また,アジアアフリカでは植民地からの独立運動が盛んになってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際政治学
こくさいせいじがく

ヨーロッパやアメリカにおいて国際政治の社会科学的な研究が始められ、大学における教科が設置されたのは第一次世界大戦以後のことである。国際政治についての研究はマキャベッリ以来数多く存在するが、それらは支配者のための教訓か、外交史の素朴な記述にすぎなかった。第一次大戦は交戦各国の国民の諸階層を巻き込み、国際問題に対して深い大衆的関心を呼び起こした。戦争の再発を防止しようとする要求が国際政治学の基礎にあった。こうして国際政治学は「いかにあるか」の記述にとどまらず、「いかにあるべきか」を探究しようとした。
 1920年代の欧米の国際政治学は、ユートピアニズムの傾向が濃く、国際法・国際道義の役割を重視し、国際機構などがおもなテーマとされた。一方、マルクス主義の立場からは、レーニンの帝国主義論に出発して世界経済の分析を基礎とする国際政治への接近が行われ、1930年代初頭の世界恐慌の発生とともに、その資本主義諸国に対する分析力について評価が高まった。一方、ナチズムの台頭と戦争の危機に直面して、欧米学界では従来のユートピアニズムの欠陥が反省され、国際政治における権力の契機を重視する方法が提唱された。第二次大戦後も、国際政治を、権力をめぐる闘争として把握する方法が流行した。
 日本では、大学において国際法および外交史の科目は明治以来存在したが、国際政治学international politicsあるいは国際関係論international relationsという名の講座あるいは学科目として設けられたのは第二次大戦後のことであり、この分野を専門にする学者がしだいに増加し、学会も組織された。1960年代以後アメリカにおいては他の社会科学諸分野とも関連して、行動科学やシステム分析などの数量化的方法が盛んとなり、日本においてもマルクス主義的方法の有効性の低下とともにアメリカの学界の傾向が浸透した。本来国際政治学の追究すべき課題である平和確立の方法を理念とする平和研究peace researchという分野が現れ、国際的にもまた日本でも有力となっている。[斉藤 孝]
『日本国際政治学会編『戦後日本の国際政治学』(1979・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際政治学の関連キーワードキッシンジャーシューマンアプレゲールBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)宇野重昭神川彦松坂本義和馬場伸也武者小路公秀

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際政治学の関連情報