コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永助入道親王 えいじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永助入道親王 えいじょにゅうどうしんのう

1362-1437 南北朝-室町時代,後光厳天皇の第5皇子。
康安2=正平(しょうへい)17年3月29日生まれ。母は崇賢門院応安5=文中元年親王となり,翌年真言宗仁和寺(にんなじ)の門跡(もんぜき)をつぐ。同寺菩提院で法守から灌頂(かんじょう)をうけた。永享9年2月10日死去。76歳。俗名は煕永(よしなが)。法名ははじめ空助。通称は後常瑜伽院御室。日記に「永助法親王記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永助入道親王の関連キーワード承道法親王後光厳天皇煕永親王室町時代南北朝法尊康安

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android