永助入道親王(読み)えいじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永助入道親王 えいじょにゅうどうしんのう

1362-1437 南北朝-室町時代,後光厳天皇の第5皇子。
康安2=正平(しょうへい)17年3月29日生まれ。母は崇賢門院応安5=文中元年親王となり,翌年真言宗仁和寺(にんなじ)の門跡(もんぜき)をつぐ。同寺菩提院で法守から灌頂(かんじょう)をうけた。永享9年2月10日死去。76歳。俗名は煕永(よしなが)。法名ははじめ空助。通称は後常瑜伽院御室。日記に「永助法親王記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android