コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康安 コウアン

大辞林 第三版の解説

こうあん【康安】

北朝の年号(1361.3.29~1362.9.23)。延文の後、貞治の前。後光厳ごこうごん天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうあん【康安】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1361年から1362年まで、後光厳(ごこうごん)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は延文(えんぶん)。次元号は貞治(じょうじ)。1361年(延文6)3月29日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『史記正義(しきせいぎ)』を出典とする命名。康安年間の南朝方の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝は「正平(しょうへい)」(1346~1369年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義詮(よしあきら)(2代)。同年間は南朝方の攻勢が続き、一方、東国では鎌倉公方周辺の軋轢が高まっていた。1361年(康安1/正平16)8月、南朝方の菊池武光(きくちたけみつ)が少弐頼国(しょうによりくに)ら北朝方の武将を破り、大宰府で懐良親王(かねながしんのう)(後醍醐(ごだいご)天皇の皇子)を迎えている。これにより、大宰府は南朝の拠点となった。10月には幕府執事(管領)の細川清氏(きようじ)が失脚して南朝に降伏、楠木正儀(くすのきまさのり)らと12月に京都へ侵攻し、一時占領する事態となった。また、関東では畠山(くにきよ)国清が鎌倉公方の足利基氏(もとうじ)と対立し、11月に伊豆国へ逃れている。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

康安の関連キーワードエルデンボー(額勒登保)デレンタイ(徳楞泰)佐竹義篤(1)永助入道親王勅撰作者部類佐々木氏頼中御門宣明良円(7)後愚昧記楠木正儀畠山義深足利義満畠山国清大高重成長尾景忠六角氏頼石塔頼房名和顕興足利基氏寂室元光

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康安の関連情報